リウマチ科

RHEUMATISM
リウマチ科

関節リウマチとは、自己免疫が関節を破壊してしまう疾患です。

人間の体には体の外からの侵入し攻撃してくる異物を敵と認識して、体を守るためにその異物を攻撃し排除する免疫という機能が備わっております。しかし、この免疫が、誤って自己の体を異物と認識してしまい、自分の体を攻撃してしまうことがあります。このような状況で生じる疾患を自己免疫疾患と呼びます。特に関節を破壊するように自己免疫が働いてしまう疾患を関節リウマチと呼びます。
進行すると骨や軟骨が破壊され、関節が変形し、日常生活が制限されてしまう場合もあります。

下記のような症状ある場合は
ご相談ください。

  • 朝方手や足の関節がこわばる。
  • 手足が痺れる。
  • 全身の様々な関節が腫れる・痛む。

当院では下記のような治療を行います。

関節リウマチの診断

上記のような症状を認める患者様に対して、X線検査や血液検査を用いて、それらの結果から関節リウマチと診断いたします。
当院では他の類似した疾患と鑑別するために、必要に応じて、専門的な検査ができる医療機関への紹介や、検査結果についての説明をしっかりするなど、丁寧な診断を心がけております。

関節リウマチの治療

近年、関節リウマチに対する治療は大きく進歩しております。
これまで関節リウマチに対する治療は、その進行を遅らせることしかできませんでした。しかし、新たな抗リウマチ薬や生物学的製剤の誕生により、関節の破壊を止め、関節リウマチを治すことができると最近の治療では考えられております。
早期に薬物療法を開始することで、関節破壊の進行を止め、寛解を目指す治療を当院では提供してまいります。

初診の方へ 求人募集 アクセス 診察時間